【実際に受講】テックアカデミーでレスポンシブデザインは学ぶことができるの?

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅです。実際にテックアカデミーを受講して収入を増やすことができました。この記事はその経験をもとに執筆しています。

プログラミング学習をしようと思っているんだけど、レスポンシブデザインというものは知っておいた方がいいと聞いたことがある。

そこで、

  • テックアカデミーではそれを学べるの?
  • どのコースならカリキュラムに含まれているの?

ということが気になってはいませんでしょうか。

実際にテックアカデミーを受講した僕が結論を言いますと、テックアカデミーでもレスポンシブデザインはしっかり学べます

レスポンシブデザインがカリキュラムに含まれているコースは以下の4コースです。

レスポンシブデザインはBootstrapの章で学べる

プログラミング学習を少し勉強した段階の人、もしくはまだ始めていない人でも、なんとなくレスポンシブデザインは大事なんだっていう意識があると思います。

なのでテックアカデミーに、レスポンシブデザインはカリキュラムに含まれているのか気になりますよね。

結論として、テックアカデミーのカリキュラムにはちゃんとレスポンシブデザインの内容も含まれています

なお、レスポンシブデザインが学べるコースは以下の4コースです。

ちなみにカリキュラム的にいうと、Bootstrapの章でレスポンシブデザインについて学ぶことになります

レスポンシブデザインがテックアカデミーでも学べるかどうか不安だったなら、安心して受講をしてもらって大丈夫です。

>>公式サイトでテックアカデミーの詳細を見る

他のコースには含まれてないの?必要ないの?

なお、自分が受講しようと思っていたコースが、先ほどのレスポンシブデザインが学べるコースの中に入っていなかった。

  • ということは自分は学ばないことになるの?
  • レスポンシブデザインは学ばなくてもいいの?

という疑問が浮かぶかもしれません。

結論として、先ほど紹介したコース以外のプログラミング言語はレスポンシブデザインはそれほど重要ではないため、必要ではありません

レスポンシブデザインはパソコンで見たときとスマホで見たときに見え方を変えるものですが、4コース以外の言語は目視できない次元のものだからです。

例えばPythonコースではPythonを学びますが、この言語は主にデータ解析/分析をするために使います。

データ解析/分析のプログラムは、パソコンでもスマホでもやることは同じです。

媒体によって区別する必要はありませんよね。

他の言語もこのような感じのことが言えるので、レスポンシブデザインは学ぶ必要がないのです。

レスポンシブデザインが必要なコースにはちゃんと含まれている

この記事では、テックアカデミーのカリキュラムにちゃんとレスポンシブデザインが含まれていることをお伝えしました。

また、レスポンシブデザインが含まれていないコースは、そもそも学ぶ必要がないので安心してください。

なお、実際に僕はテックアカデミーを受講しましたが、しっかりとレスポンシブデザインに対応したサイトを作れるようになりました

しかもレスポンシブデザインの仕方は色々とあるのですが、なかでも効率的な方法を教えてくれます

なのでテックアカデミーを受講すれば、レスポンシブデザインを学べるだけでなく、実践で使える形のコーディングも学ぶことができますよ。

>>公式サイトでテックアカデミーの詳細を見る

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。