Python学習でテックアカデミーを選ぶべき人はこんな人!【他スクールと比較】

Python言語を学習しようと思っていて、テックアカデミーを検討しているんだけど

  • テックアカデミーに決めちゃっていいんだろうか?
  • 他のスクールはどうなの?

と疑問に感じていませんか?

実際にテックアカデミーを受講した僕が結論を申し上げますと

・働きながら受講する

・スクール費用をある程度抑えたい

・効率的に短期間で成長したい

・受講後転職支援を受けたい

このように考えているなら、テックアカデミーのPythonコースがおすすめです

>>公式サイトでPythonコース詳細を見る

こんな人ならテックアカデミーのPythonコースを選ぼう

テックアカデミーをはじめ、Pythonを学べるスクールはいくつかあります。

有名どころでいくと、Aidemy とかDIVE INTO CODE が挙げられますね。

そのほかにも様々なスクールがあるのですが、僕が目を通した限りでは

  • 働きながら受講する
  • スクール費用をある程度抑えたい
  • わからないことはすぐに解決したい
  • 受講後転職支援を受けたい

上記に該当する人は、テックアカデミーの受講が一番おすすめだと思います。

働きながら受講する人

会社員として働きながらPythonを学習しようと思っているなら、テックアカデミーをおすすめします。

なぜなら、テックアカデミーは完全オンライン受講なので、自分が空いている時間に受講できるからです

通学スタイルのスクールでは、仕事終わりに通学しなければならないし、授業は〇〇時からとか決まっていたりします

しかし、テックアカデミーならどこにいても24時間カリキュラムを見ることができるので、隙間時間を縫って学習できるんです。

残業があるかもしれないから時間が決まっているスクールは難しい早朝や深夜に学習したい休日も好きな時間に学習したい、こういった悩みや希望をテックアカデミーなら叶えられます。

以上のことから、忙しい社会人でも受講できると言う点で、働きながら受講するならテックアカデミーがおすすめと言えるのです。

>>公式サイトでPythonコース詳細を見る

スクール費用をある程度抑えたい

スクール費用をある程度抑えて受講したい場合も、テックアカデミーがおすすめです。

後に他のスクールも紹介しますが、Pythonをはじめとしてプログラミングスクールってめちゃくちゃ高いんですよね。

30万円以上することもざらで、平気で50万円とか100万円近くのスクールがあったりします

しかし、そんな大金持っていたとしても、プログラミングスクールにどばっと使うのはなかなか厳しいでしょう

今後の生活費のこともあるし、払えたとしてもその後が生活できなければ意味ないです。

テックアカデミーなら149,000円から受講できるので、スクール費用を抑えたいならこのスクールがベストでしょう。

>>公式サイトでPythonコース詳細を見る

効率的に短期間で成長したい

テックアカデミーを受講すると、15時から23時の間だったら現役エンジニアにチャットでわからないことをすぐ聞ける環境を手に入れることができます。

僕も実際にテックアカデミーを受講しましたが、このサービスがあるからこそ短期間で成長できたって思うんです

わからないことって急にやってくるし、解決できないと1mmも次に進めないから、その日の学習は終わっちゃうんですよね。

そんなことから、効率的に学習するためには次の通学日まで問題が解決しないことはおろか、次の日に解決でも遅いんです

解決したい時にすぐ解決できることが、非常に大事なのです。

テックアカデミーなら質問したら平均5分以内で返事が帰ってくるので、すぐに解決できないなんてことはありません。

そのため、早く成長したいと考えているなら、テックアカデミーがおすすめなのです

>>公式サイトでPythonコース詳細を見る

受講後転職支援を受けたい

テックアカデミーを受講すると、テックアカデミーキャリアというものを利用できるようになります。

これは、いうなればテックアカデミーを受講したい人しか登録できないリクナビやマイナビのようなサービスです

このサービスでは、テックアカデミーを受講した人たちを雇いたいと考えている企業さんと繋がることができます

受講生のみの閉ざされた転職支援サービスなので、たくさんの人に公開されているリクナビとかよりも、エンジニア転職しやすい特別な環境であることは間違いありません。

このような転職支援サービスを利用したいと考えているなら、テックアカデミーの受講がおすすめです。

>>公式サイトでPythonコース詳細を見る

他のスクールはどうなの?

ここまでテックアカデミーをおすすめしてきましたが、実際他のスクールはどうなの?ということが気になりますよね。

そこで、ここからはPythonを学べるスクールとして特に有名なAidemyとDIVE INTO CODEの2社と比較してみます。

Aidemy:確実な知識を身につけられるが受講費用は高め

AidemyはPython特化型AIプログラミングスクールです。

Pythonの基礎から、実務に近いことまで学べます。

  • AIアプリ開発コース
  • データ分析コース
  • 自然言語処理コース
  • LINEチャットボットコース

の4つの中からPythonを使った自分の行きたい方向性を選択できるのもありがたいですね。

ただ、テックアカデミーと比べるとまず料金が結構高いです。

3ヶ月プランだと480,000円、6ヶ月プランだと780,000円、9ヶ月プラン980,000円がかかります。

テックアカデミーだとPythonコースに加えて、AIコースを受講したとしても30万円程度です。

また、質問の返事が24時間以内となっているので、テックアカデミーより遅い点が気になるところです。

わからないことをすぐに解決したいなら、テックアカデミーの方が良いでしょう

以上のことから、Aidemyは質が非常に高く実務レベルまで持っていけそうですが、受講費用がネックです。

また、すぐにわからないことを解決できる環境は欲しいなら、テックアカデミーの方が良いでしょう。

>>テックアカデミー公式サイトでPythonコース詳細を見る

DIVE INTO CODE:中級者向けの通学型スクール

DIVE INTO CODEは、多数のエンジニア転職を成功に導いてきたエンジニアスクールです。

正直に言って、このスクールを受講すれば確かな知識が身につきますし、転職もできるでしょう

ただ、DIVE INTO CODEを受講するには、事前テストがありPythonについてある程度知っている必要があります

そのため完全初心者にはちょっと難しいと思います。

また、平日の10時から19時のフルタイムで授業が行われることや、東京にある教室に通う必要があることから、働きながら受講する事は不可能です。

そのため、もう会社を退職していて時間があるなら別ですが、そうでないならこのスクールは向きません。

>>テックアカデミー公式サイトでPythonコース詳細を見る

テックアカデミー「Pythonコース」詳細

では最後に、テックアカデミーのPythonコースについて、学べることや料金などをお伝えしていきます。

Pythonコースで学べること

Pythonコースで学べることは以下の通りとなっています。

・Python
→機械学習で使われる言語であるPythonです。テックアカデミーでは、Python3の基礎構文から学びます。

・機械学習
→機械学習はAIの根幹となる技術の1つです。テックアカデミーでは「教師あり学習」を中心に学んでいきます。

これらのことを学ぶことで、画像を解析して分類できる技術や、住宅価格の分析と予想などができるようになります。

また、機械学習プログラムを自分で開発することをゴールとしているので、実務に近いスキルを学べます

料金とおすすめの受講期間

Pythonコースの料金は上記の通りです。

おすすめの受講期間は8週間ですが、働きながらで十分な時間が取れないと感じるなら12週間でもありだと思います。

ただ、4週間はちょっと早すぎで、16週間は長すぎだし高いのでおすすめしません。

>>公式サイトでPythonコース詳細を見る

本格的な機械学習の時代が来る前に学習しておこう!

この記事では、

  • 働きながら受講する
  • スクール費用をある程度抑えたい
  • 効率的に短期間で成長したい
  • 受講後転職支援を受けたい

このように考えているなら、テックアカデミーのPythonコースがおすすめだということをお伝えしました。

世界では機械学習の波がきており、その証拠にPythonは言語ランキング2位に上昇しています。

しかし、日本では世界標準ほど、Pythonに対応できる人が多いとは言えないのが現状です。

そのため、今テックアカデミーを通じてPythonを学んでおけば、今後日本にもほぼ確実にやってくるであろう、機械学習に対応できるエンジニア市場で優位に立てる事は間違いありません

このチャンスを掴むためにも、少しでも機械学習に興味をもっているのであれば、今すぐにでもテックアカデミーで学習を始めましょう!

>>公式サイトでPythonコース詳細を見る