未経験からiOSアプリ開発を学びたいなら断然テックアカデミー【iPhoneアプリコース】

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅです。テックアカデミーを実際に受講して、収入が増えました!

転職や副業・スキルアップをしようと思って、iOSアプリ開発を学ぼうと思っているんだけど

  • テックアカデミーが良さそう
  • けど、他にも良いスクールがあるかも?
  • テックアカデミーで決定しちゃって大丈夫かな?

このような疑問を抱えてはいませんでしょうか?

結論として、未経験からiOSアプリエンジニアを目指したいなら、テックアカデミーのiPhoneアプリコース一択だと思います

なぜなら、iOS開発に必要なスキルをこれほどまでに学べるスクールは、現状他にはないからです

>>テックアカデミー公式サイトでiPhoneアプリコース詳細を見る

iOSアプリエンジニアになりたいならなぜ断然テックアカデミーなのか

iOSアプリ開発を学べるスクールというのは、テックアカデミー以外にもいくつかあります。

そんな中、なぜテックアカデミーのiPhoneアプリコースが断然おすすめなのかというと、他のスクールではテックアカデミーほど詳しくiOS開発について学ぶことができないからです

例えば、テックアカデミー以外にiOSアプリ開発が学べるスクールとして有名なのは、CodeCampアプリマスターコース

こちらのコースでもiOSアプリ開発を学ぶ事はできます。

しかし、同時にAndroidアプリ開発が含まれていることからもわかる通り、iOSアプリ開発特化ではありません

同時にAndroidアプリも開発できるようになりたいと思っているなら、アプリマスターコースはあなたにぴったりなコースです。

ですが、iOSエンジニアになりたいと考えているなら、Androidアプリ開発を勉強している時間があったら、iOSアプリ開発に関する知識を蓄えて行った方が効率がいいと思います

また、CodeCamp以外では、RainbowAppsというスクールでもiOSアプリ開発を学べます。

ただ、RainbowAppsはiOSアプリ開発について専門的に学ぶことができますが、大阪の校舎に通う必要があります

以上のことから、iOSアプリエンジニアになれるほど本格的に学べるスクールと言うのはほとんどなく、全国から受講できるとなるとテックアカデミーくらいしかないのです

>>テックアカデミー公式サイトでiPhoneアプリコース詳細を見る

iOSアプリ開発を本格的に学ぶメリット

iOSアプリ開発をテックアカデミーで学ぼうと決めたものの、そもそも学ぶべきはiOSアプリ開発に決定して良いのか??という疑問を持つ方もいると思います。

僕は、少しでもiOSアプリ開発に興味があるんだったら、そのまま学習をスタートして全く問題ないと感じます

なぜなら、iOSアプリ開発は

  • 覚えることが少ない
  • 副業しやすい、フリーランスになりやすい
  • 将来性がある

このようなメリットがあるからです。

学習コストが少ない

iOSアプリ開発ではSwift言語とXcodeというツールを使うのですが、iPhoneアプリはこの2つだけで作り上げることができます。

通常はアプリを作ったりWebサービスを作ったりする場合、HTMLとCSSを覚えてから、JavaScriptやRuby・Javaなどを学習してやっと作れるようになります

しかし、iOSアプリ開発ではSwiftとXcodeの2つだけでできますから、学習コストが少ないと言えるのです。

また、Swiftはシンプルな構文になっていることから、初学者でも簡単にプログラムを書くことができます

こういったことも、学習コストが少ないと言える理由です。

>>テックアカデミー公式サイトでiPhoneアプリコース詳細を見る

副業しやすい、フリーランスになりやすい

iOSアプリ開発ができるようになれば、副業やフリーランスがしやすくなります。

なぜなら、自分でアプリを開発し、それを公開することで少しでもヒットしたら収入を得ることができるからです

もし大ヒットすれば、収入が多く入ってくるだけでなく実績にもなるので、副業やフリーランスとして活動する上で営業がしやすくなったりもしますしね

もちろん選ばれるような良いアプリを開発する必要はありますが、開発して公開するだけでこれだけの可能性が秘めているのは、他の言語にはあまりない特徴です。

>>テックアカデミー公式サイトでiPhoneアプリコース詳細を見る

将来性がある

iPhoneユーザーが多いことから、iOSアプリを使う人も多いので、スマホというものが無くならない限りはiOSアプリエンジニアの需要はあり続けます。

また、iOSアプリ開発に使う言語であるSwiftは、今はiOSに関するところでしか使えませんが、シンプルで開発しやすいことから、Windowsでも使える未来がくるのではと言われています

SwiftがAndroidアプリやWebアプリ開発で使われるようになれば、さらに需要が増えるのは確実なので、そういった将来性の高さも秘めている言語なのです。

>>テックアカデミー公式サイトでiPhoneアプリコース詳細を見る

テックアカデミーのiPhoneアプリコース詳細

では、ここからはテックアカデミーのiPhoneアプリコースを受けるにあたって、学べることや料金についてお伝えしていきますね。

iPhoneアプリコースで学べること

iPhoneアプリコースで学べることは、以下の通りとなっています。

・Swift
→Apple社が開発したiOS開発用プログラミング言語です。最新トレンドの開発手法で学びます。

・Xcode
→Mac、iPhone、iPad向けアプリケーション開発用のデベロッパツールセットです。App Storeもこれで行います。

・Git/GitHub
→バージョン管理システムです。チーム開発などで使います。

・Firebase
→サーバー側の機能をになってくれる、Googleが提供するツールです。

これらを学ぶことで、SwiftやXcodeを使ったアプリ開発の流れを理解することができます。

また、UIKitと呼ばれるレイアウトを簡単にかけるフレームワークも学びますので、装飾の仕方なども学べますよ。

最終的にオリジナルのアプリを開発するスキルまで到達できるので、転職等ができるレベルまで持っていくことができます

現役エンジニアにすぐ質問できる!

プログラミング学習で挫折する人の多くは、わからないことに遭遇して詰まった時に聞く人がおらず、解決できなかったことで諦めていく場合がほとんどです

しかし、テックアカデミーを受講すれば毎日チャットツールで現役iOSエンジニアに質問できる環境が手に入るので、わからないことがすぐに質問して解決することができます

僕もテックアカデミーを受講したのですが、質問したら平均5分以内には返事が帰ってくるので、爆速で問題が解決しますよ(笑)

なお、質問時間は15時から23時となっており(土日祝も対応)、たとえ仕事終わりの学習であっても質問したら返事がもらえます。

>>テックアカデミー公式サイトでiPhoneアプリコース詳細を見る

料金はいくら?何週間で受講すべきなのか?

iPhoneアプリコースの料金は、上記のような金額となっています。

実際にテックアカデミーを受講した僕がおすすめするのは、8週間プランです。

残業とかが多くて、どうしても間に合わなそうと思うのであれば、12週間プランでもいいと思います。

ただ、4週間プランは早すぎるし、16週間プランは長すぎる上に高いのであまりおすすめしません。

テックアカデミーのiPhoneアプリコースを受講すれば求められる人材になれる

この記事では、iOSアプリ開発を学びたいなら、断然テックアカデミーであるということをお伝えしました。

これほどまでにiOS開発について学べるスクールは他にありません

iOS開発について集中的に学んで、転職や副業・スキルアップしたいのであれば、テックアカデミーのiPhoneアプリコースが最適でしょう

また、このコースで学べるSwiftやXcodeでは、iOSアプリ開発だけでなく、iPadやMacなど他のApple製品で動くアプリも開発することができます。

つまり、テックアカデミーのiPhoneアプリコースを受講すれば、できることが一気に増えるので、求められる人材になれることは間違いありません

人生を変えたいなら、テックアカデミーを使って学習を開始しましょう!

>>テックアカデミー公式サイトでiPhoneアプリコース詳細を見る

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。