未経験からAndroidアプリエンジニアになりたいならテックアカデミーが結構狙い目だと思う!

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅです。知り合いのエンジニアに今から学ぶならどの言語が良いですか?と聞いたら「Kotlin」と言われました。

未経験からAndroidアプリエンジニアになりたいと考えているなら、テックアカデミーのAndroidアプリコースは結構狙い目なコースだと思います。

なぜなら、今注目のプログラミング言語「Kotlin」を本格的に学べるからです!

Kotlinは2017年にGoogleが公式に採用を発表し、この3年間でAndroidアプリ開発において急速に需要が高まっている言語です。

しかし、求人が増えているにも関わらず、比較的新しい言語のためか他のプログラミングスクールでKotlinを本格的に学べるところはほとんどありません。

つまり、テックアカデミーのAndroidアプリコースで学ぶことで、他のエンジニアと差別化できることから、転職市場で優位に立つことができるのです。

みんながこの穴場に気づく前に、Kotlinを使ったAndroidアプリ開発を学んでおきませんか??

>>Androidアプリコースに申し込む

なぜAndroidアプリコースが狙い目だと言えるのか

テックアカデミーのAndroidアプリコースがなぜ狙い目なのか言うと、今注目のプログラミング言語「Kotlin」を学ぶことができるからです。

元々、AndroidアプリというのはJavaという言語が使われるのが主流だったのですが、2017年にGoogleが公式にKotlinをサポートすると発表しました。

その年からKotlin言語は一気に有名となり、数々の企業でも採用されるようになっていきます。

出典:ビズリーチ-プログラミング言語別年収ランキング2018

有名どころで行けばYahoo!やクックパッドなんかもこの2017年の発表後に、Kotlinの導入が始まっています。

しかし、数々の企業で採用されていく中、比較的新しい言語であるためかKotlinがカリキュラムとして入っているスクールはそんなにないのです。

ましてや書籍においても、日本語で書かれたKotlinの入門書はかなり少ない状況・・・。

そんな中テックアカデミーのAndroidアプリコースでは、Kotlinを学ぶことができるのです。

しかも、現役エンジニアのサポート付きで、です!

>>Androidアプリコースに申し込む

Kotlinの学習や開発の難易度もそんなに難しくない

また、Kotlinを習得する難易度自体もそんなに難しくありません。

これまでAndroidアプリ開発で使われていた、Javaという言語を簡潔に書けるようにした感じです。

このことから、Kotlinはこれから需要が拡大するとされながら学習難易度も低いため、Androidアプリ開発を考えているなら、学ばない理由がない言語ともいえますね。

ただ、同じように考えているエンジニアも多いと思いますので、あなたが迷っているうちにもKotlinを学習している人はたくさんいます。

なので、Androidアプリ開発が気になっているのでしたら、1日でも早く学習を開始した方が良いですよ!

>>Androidアプリコースに申し込む

Androidアプリコース詳細

テックアカデミーのAndroidアプリコースは、オリジナルAndroidアプリをGoogle Playで公開することがゴールとする結構本格的なコースです。

  • ジャンプゲームアプリ
  • タスク管理アプリ
  • Q&Aアプリ
  • オリジナルアプリ

これらの4つのアプリをカリキュラムで作ることになるので、実践的なアプリ開発手法が身に付くコースとなっています。

学べる言語・内容

テックアカデミーのAndroidアプリコースで学べる言語・内容は以下の通りです。

学べる言語・内容
  • Kotlin
    →冒頭でもお伝えした通り、今注目のAndroidアプリを開発のためのプログラミング言語です。
  • Android Studio
    →Android向けアプリケーション開発用のデベロッパツールセットです。Google Playへの提出までこのツールを使って進めます。
  • Git/GitHub
    →バージョン管理システムです。チーム開発をする時に使うものです。
  • Firebase
    →バックエンドの役割を担ってくれるサービスです。

これらのカリキュラムを進めることで、

  • Kotlin
  • Android Studioの使い方
  • 物理シミュレーションを使った2Dゲームの開発力
  • Webサーバとの連携
  • オリジナルアプリの開発スキル

これらのスキルを身に付けることができます。

>>Androidアプリコースに申し込む

Androidアプリコースの料金

値段はご覧のようになっています。

個人的には8週間プランがおすすめですが、働きながらで忙しいという方は12週間プランがおすすめです。

先割などを使えば、受講期間も伸びますよ。

>>【実際に受講して思う】テックアカデミーを受講するなら絶対に先割を利用しよう!

Androidアプリ開発が学べる他のスクールはどうなの?

Androidアプリ開発を学べるスクールは、テックアカデミー以外にもいくつかあります。

例をあげますと、

ここら辺は、一定の評価を得ているようです。

しかし、これらのスクールでは、Androidアプリ開発ができるようになると思いますが、使われている言語はKotlinではありません。

昔ながらのJavaが採用されています。

そのため、最先端のAndroidアプリ開発で転職を優位にしたいのであれば、テックアカデミーのAndroidコース一択でしょう。

>>Androidアプリコースに申し込む

最先端のスキルを手に入れて市場で優位に立とう!

Googleは「Androidアプリ開発の推奨言語はKotlinだ」「Android上の開発は、今後ますますKotlinファーストになっていく。」こういった発言をしています。

ということは、今後Androidアプリ開発でKotlinの需要が高まっていく可能性は非常に高いと言えます。

そのため、流行のピークが来たときに、転職市場で優位に立つためにも今のうちからKotlinを使ったAndroidアプリ開発を学んでおくべきです。

現時点では、本格的にKotlinを交えたAndroidアプリ開発のカリキュラムを用意しているのはテックアカデミーだけです。

本当にテックアカデミーの他のコースと比べても狙い目のコースだと思いますので、少しでも迷うくらいなら申し込んで学習をスタートするべきだと思いますよ。

>>Androidアプリコースに申し込む

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。