【全て対策可能です】退職代行利用で考えられるリスク・トラブルは気にしなくて大丈夫

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅ(@kawaaanchu)です。僕は新卒で入った会社で退職を告げるのに2ヶ月もかかりました。あの時退職代行を知っていれば、すぐ辞めることができたのに・・・と後悔しています。この記事は、そんな経験をもとに執筆しています。

退職代行を利用しようかと検討しているものの

  • ネットで調べたらいろんなリスク・トラブルがあるらしい
  • そんなリスク・トラブルに見舞われる可能性があるなら怖いなぁ・・・
  • 解決策とかあるの?

と悩んではいませんでしょうか?

結論を言わせていただくと、ネットで書かれているような退職代行を利用することによるリスク・トラブルは基本的に起こることはないです。

また、起こる可能性があるものでも、対策をすれば確率をほぼ0にすることができます

そこでこの記事では、退職代行を利用することによるリスク・トラブルと、その解決策を紹介します。

考えれる退職代行利用によるリスク・トラブル及び解決策

ネットで言われているものを含め、退職代行利用で考えられるリスクやトラブルは

  • 退職代行は認めませんと言われる
  • 損害賠償請求される
  • 懲戒解雇扱いにされてしまうかもしれない
  • 残っている有給休暇の消化はできないかもしれない
  • 退職代行業者に粗末な対応をされる
  • 退職代行業者に追加料金を取られてしまう

こちらの6つです。

退職代行は認めませんと言われる

うちの会社は退職代行認めません、辞めたいなら本人に来てもらってくださいと言われるかもしれないリスクがあります。

基本的に退職代行業者は退職を告げることしかできないため、もし認めませんと言われたら太刀打ちできないのです。

つまり退職代行に失敗してしまうということになってしまう可能性があるのです。

しかし、基本的に労働者には会社を退職する権利があり、退職代行を経由してもその権利の行使はされたことになります

ですから、認めませんと言われる可能性は限りなく0に近いです。

解決策

退職代行が認められない場合はほぼ0なので、解決策は必要ありません

ただしそれでも心配という方は、太刀打ちできる権限を持った退職代行を利用することをおすすめします。

退職代行SARABAや、弁護士法人みやびの退職代行であれば、認められないと言われても反発できる権限をもっているので、ここを利用すればリスクは0にできますよ。

損害賠償請求される

退職代行を使ったことにより、会社側が損害賠償するぞ!と訴えてくる可能性があります。

バックレたことにされたりすると、損害賠償案件にすることができるかもしれません。

しかし、基本的には若手社員であるあなたを訴えることは、裁判費用を考えるとまずあり得ません

もしかしたらモノ好きな社長さんが、赤字でもいいから訴えてやる!と言ってくる可能性はありますが、非常にレアケースでしょう。(笑)

解決策

先ほどもお伝えしましたが、若手社員であるあなたに対して損害賠償請求することはまずあり得ないので、解決策は必要ありません

99.9999%損害賠償を請求されることなく退職できます。

ただし、万が一億が一のことを考えたいのなら、損害賠償請求されても反発できる退職代行会社を使いましょう

それは先ほどと同じで、退職代行SARABAや、弁護士法人みやびの退職代行がそれにあたります。

懲戒解雇扱いにされてしまうかもしれない

退職代行を使って退職することはできたものの、懲戒解雇扱いにされてしまうというリスクが言われています。

懲戒解雇にされてしまうと、次の転職活動においてかなり不利になるので、絶対に避けなければなりません。

しかし、

  • 経歴詐称
  • 横領
  • セクハラ
  • パワハラ

これくらいひどいことをしないと、懲戒解雇になることはありません

あなたは退職代行を通じているものの、根本的には会社ただ単に退職しているだけです。

それなのに懲戒解雇にあたることは考えられません。

解決策

これに関しては懲戒解雇になる可能性が0なので、解決策はありません

残っている有給休暇の消化はできないかもしれない

退職代行業者は基本的に何かを言うことしかできず、一度反発された場合に立ち向かうことができません。

なので、退職代行会社に「残っている有給休暇の消化をしたいです」と言ってもらうことはできますが、会社側が「無理です」と言われた場合、有給休暇を消化することはできなくなります

しかし退職代行の実績を見てみると、基本的には代行業者を使っても有給休暇を消化できているので、そこまで心配する必要はないかと思います。

解決策

しかしせっかく持っている有給休暇だし、全部消化してから辞めたいよって思う方も多いはずです。

その場合は、断られた場合でも立ち向かってくれる、交渉ができる退職代行を使えば、有給休暇消化できる確率をほぼ100%まで持っていくことができますよ。

それの退職代行とはやはり、退職代行SARABAや、弁護士法人みやびの退職代行となります。

退職代行業者に粗末な対応をされる

退職代行を利用する人が増え、退職代行業者は年々増え続けています。

その中には、適当に退職代行業務を行う業者がいたり、少しの法律も理解していないがために余計なトラブルへと巻き込む業者もいます

ですので、安い業者だからといってテキトーに選んでしまうと、粗末な対応をされてしまう可能性があるので注意しましょう。

解決策

粗末な対応をされないためには、もうすでに退職代行として知名度があり実績がある退職代行業者を使えば、粗末に扱われることはありません

以下記事で紹介している退職代行業者であれば、何百人何千人と退職代行業務を行い成功率100%ですから、安心して選んでいただけますよ。

退職代行業者に追加料金を取られてしまう

特に値段の安い退職代行業者にありがちですが、安い値段に釣られて契約したものの、後からオプション料金とか言って追加料金を取ってくる業者さんもいます

それで結局平均的な退職代行業者よりも高くついてしまった・・・なんてことが起こりうるのです。

解決策

退職代行を利用する前から、絶対に追加料金が発生しない業者を選んでおけば、後悔する可能性を0にすることができます

退職代行SARABA退職代行EXIT退職代行J-NEXTあたりを選べば、追加料金は一切発生しないので、安心して利用してくださいね。

まとめ:リスク・トラブルを全回避できる退職代行SARABA

この記事では、退職代行業者を利用することによるリスク・トラブル及び解決策をお伝えしましたが、1つ気づいたことがありませんか?

それはどのリスク・トラブルも、退職代行SARABAを利用すれば全回避できるということです。

僕は別にSARABAの回し者でもなんでもなくて、本当に全回避できるからこの記事でゴリ押ししました。

普通の退職代行業者とは違って交渉ができるし、追加費用もないのに安いし、ちゃんと実績もあるので、ホントに優秀すぎる退職代行業者ですよ。

もしどこの退職代行業者を利用しようか迷っていたなら、退職代行SARABAをすれば、たとえこの記事で紹介した以外のリスク・トラブルであったとしても対応できますよ。

>>公式サイトで退職代行SARABAの詳細を見る

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。