逃げていい!恥をかいてでも退職代行を使うべき理由【ブラック企業は迷うことなく使おう】

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅ(@kawaaanchu)です。僕は新卒で入った会社で退職を告げるのに2ヶ月もかかりました。あの時退職代行を知っていれば、すぐ辞めることができたのに・・・と後悔しています。この記事は、そんな経験をもとに執筆しています。

会社を辞めたくて、退職代行の利用を検討していたんだけど

  • 退職代行を使うのはやっぱり逃げなのかな?
  • けど、直接言える自信もないしな・・・
  • けどけど、このままずっと辞めずにいるのもな・・・

こんな感じで悩んではいませんでしょうか?

結論として、会社を辞めたいなら退職代行を使って逃げていいです。

むしろ、逃げた方がいいと思っています。

なぜなら

  1. 会社(特にブラック企業)は退職されないようにマニュアル化されており引き止められる
  2. 申し訳ない思いが強すぎて退職に踏み出せないの連鎖に陥る
  3. 嫌がらせやいじめにつながる

この3つの理由が挙げられるからです。

確かに退職代行を使って逃げることは恥ずかしいことかもしれません。

ですが、今の会社に残ることでうつ病になどになってしまうと元も子もないので、恥をかいてでも退職代行を使って逃げるべきですよ。

退職代行を使って逃げてもいい理由。というか逃げるべき理由

退職代行を利用して辞めようと思っているんだけど、退職代行を使うのって逃げだよねって思って利用を迷ってはいませんか?

結論として、逃げましょう

なぜなら

  1. 会社(特にブラック企業)は退職されないようにマニュアル化されており引き止められる
  2. 申し訳ない思いが強すぎて退職に踏み出せないの連鎖に陥る
  3. 嫌がらせやいじめにつながる

これら3つの理由が挙げられるからです。

会社(特にブラック企業)は退職されないようにマニュアル化されており引き止められる

会社(特にブラック企業)は、退職しようとしている人を引き止めプロです。

退職時に会社の上司や人事が言ってくる甘い言葉や行動は、全てあなたを引き止めるための意味が込められています

この甘い言葉や行動はわかっていても騙されてしまうので、だったら退職代行を使って物理的に言われないように避けるのが賢明です。

例えば会社を辞めることを告げた場合

  • 「君には期待しているから頑張って欲しい」
  • 「給料を上げるからさ」
  • 「今度君が希望する部署に異動させるつもりだったのに」

こんなことを言われたりします。

上記の言葉に「え?本当に?それならもうちょい続けようかな」って思うかもしれませんね。

なびいてしまっては会社の思うツボ

でも、それは会社側のおもうツボだと心得ましょう。

会社側は退職しようとしている人を引き止めるマニュアルなどを用意している会社も多く、上記の甘い言葉はマニュアル通りに発せられているだけだからです。

  • 「君には期待しているから頑張って欲しい」
    →承認欲求を与えて引きとめろ
  • 「給料を上げるからさ」
    →お金という口実で納得させろ(実際には上げないけど)
  • 「今度君が希望する部署に異動させるつもりだったのに」
    →異動まで時間がかかるってことで引き伸ばす口実になる(実際にはなぁなぁで異動の話は消す)

実際に言われると騙される(笑)

とはいえ退職を告げる時はかなり緊張しているので、実際にこれらの言葉を言われたら「あ、これは引き止める口実だ」って判断できないんですよね・・・。

実際僕も甘い言葉を言ってくると事前にわかっていたのに、実際に言われた時はなびきそうになりましたから(笑)

ですので、緊張する場面でも自分の意見を通すことができる自信がある人以外は、退職代行を使って物理的に甘い言葉に騙されない環境を作ることをおすすめします

甘い言葉を言って引き止めてくる上司や人事と会わずに辞めることができるのですから。

もはやこれは逃げ・・・というよりも避けに近いですよね(笑)

申し訳ない思いが強すぎて退職に踏み出せないの連鎖に陥る

会社を退職したいと思うものの、

  • 退職することで迷惑をかけてしまうかもしれない
  • もしかしたら本当に期待されていて、辞めたらその期待を裏切ることになる

だから、とりあえず今日は会社に行く

この思考を繰り返してもう数日、数ヶ月、数年経っていませんか?

この連鎖を止めるためにも、思い切って退職代行を使って逃げましょう。

実際に退職をした経験上、「会社を辞める」のと「会社に迷惑をかけないように残留する」を両方手に入れることはできません

つまり、誰かしらに迷惑をかけないで辞めれる人など、この世に1人も存在しないのです。

退職代行を使えば、迷惑をかけている人と同じ空間に居なくてよくなる

どんなに円満退職しても、会社や同僚には絶対に迷惑がかかります。

ならば、退職代行を使って逃げた方がよくないですか?

だって普通に退職したら、退職までの約2週間~1ヶ月迷惑がかかっている人達と過ごす必要があるんですよ?

しかし退職代行を使えば、迷惑がかかっているとはいえその場に居ないから、ストレスによるダメージを軽減できます

どうせ同じ迷惑をかけるなら、「迷惑がかかっているのをわざわざ自分の目で見る」のか「知らないところで迷惑をかける」のかどっちがいいですか?

僕ならドMじゃないので、後者を選択します。

嫌がらせやいじめにつながる

基本的には、退職を告げてから最短2週間は働かなければなりません。

しかし、会社によっては(特にブラック企業では)その2週間嫌がらせや、いじめを受けたりする事例が発生しています

僕はこの嫌がらせを避けるために、退職代行を利用するのもありだと思っています。

調べてみると

  • 「あいつとはもう喋るな」
  • 「あいつに仕事を与えるな」
  • 「有給休暇は取らせねぇぞ」

このようなことは珍しくない頻度で行われているようです。

すでにパワハラやセクハラに近いことをされている場合はもちろん、優しい上司だったのに退職を告げた後に態度が豹変するなんてこともあるようです。

最近は変な人が増えていることもあり、今時スムーズに退職できなくなって来ているのが現状です。

なので、退職代行を使うことで嫌がらせやいじめから逃げるのも、時代の流れからして当然だと思いますよ。

逃げるは恥だが役に立つ

数年前に逃げるは恥だが役に立つっていうドラマやってましたよね?

このドラマの題名をなんとなく目にしていたと思いますが、かなり重要なメッセージが込められています。

逃げるは恥だが役に立つというのはハンガリーのことわざで、”戦う場所を選べ“という意味です。

あなたがいま置かれている状況に固執する必要はなく、自分が生き生きと輝ける場所は他にもある

そしてその自分にあった戦場への行き方として逃げるのもありだ、というのがことわざに本質になります。

つまり、辞めたいと思っている今の会社はあなたにとって適した職場ではなく、もっと他に自分を生かせる会社がある。

そしてその会社へ行くために今の会社を抜け出す方法として、退職代行という逃げを使うのもあり、というふうに捉えることができませんか?

星野源演じる平匡の言葉

星野源演じる平匡は、新垣結衣演じるみくりに作中でこんなことを言っています。

「後ろ向きな選択だっていいじゃないか。恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大切で、その点においては異論も反論も認めない」

今いる辞めたい会社で働き続けて体調を壊したり、うつ病になったり、ましてや自殺なんてしてしまったら元も子もありません

生きることが最重要項目です。

なので、辞めたいと思っている会社なんか、退職代行を使って今すぐに逃げちゃいましょう。

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。