新卒で入社した大企業を10ヶ月で退職したけど全然人生終わらなかった

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅ(@kawaaanchu)です。僕は新卒で入った会社を10ヶ月で辞めて第二新卒転職しました。この記事は、その実体験をもとに執筆しています。

新卒で入社した会社を退職しようと思っているんだけど

  • 新卒で入った会社を辞めたら人生は終わる
  • 1年目2年目とかで辞めたらなおさら人生詰む
  • あの時辞めなかったらよかったと後悔するかもしれない

このような感じで思ってはいませんか?

そこで実際に新卒10ヶ月で大企業を退職した僕が結論を言うと、人生は全く終わっていません

むしろ、人生始まっています(笑)

会社を辞めて人生後悔しているとかネットでつぶやいている人は、「早期離職したから転職できないよ」って言い訳して転職活動とかの努力をしていないだけです。

もちろん早期離職したら転職活動は楽ではありませんが、きちんと頑張れば自分の理想の会社に転職することができますよ。

新卒で入った会社を辞めたら人生が終わる?

僕は新卒で入った東証一部上場の企業をわずか10ヶ月で退職しました。

しかも次の会社に転職するまで、7ヶ月のブランクもありました

そんな僕でもちゃんと目指していたIT系の会社に転職することができたし、その会社で学んだスキルを使って副業を始めたりもしました

上記のような感じなので、僕は人生は終わらず、むしろ始まった感じがします(笑)

僕は会社を辞めたいと思った理由は3つあります。

  • やりたい仕事じゃないことに気づいた
  • 昇進すれば昇進するほどブラックになる会社だったので、頑張る意味が見出せなかった
  • 家族ができたときの転勤が嫌だった

僕は逆にこの不満を我慢しながら、これから何十年と働く方が、人生終わると思いました。

あなたも現在会社を退職したいと言うことは、なにかしらの理由や不満があるのではないですか?

だったら、辞めずに我慢して60歳を迎える方が人生終わると思いますよ

退職してから気づいた、自分の視野の狭さ

とはいえ、僕も生まれてから23歳になるまでの23年間は、大学を卒業して大企業に就職し、そこで定年まで勤め上げるということが正常な人間。

新卒で入った会社を辞めて退職するのは道を外れた人が歩く道で、転職して中途社員で生きていくのはいばらの道だという認識をしていました。

しかし、実際に10ヶ月で退職して7ヶ月ほど人生に絶望してプラプラしていた僕は、自分の視野の狭さを痛感します

世の中には新卒1年くらいで辞める人はもちろん

  • 夢を追いかけるためにそもそも就職していない人
  • 本格的にマルチ商法をしたいから会社を辞めた人
  • フリーターで40歳まできちゃた人

こういう人たちがいっぱいいるんです。

上記のような人達を見て、新卒10ヶ月で退職した経歴なんて、これらの人よりかは全然マシじゃないかって思いました(笑)

上記のような人はあえてその生活をしているし、生き生きとしているのでそこを否定するつもりはありません。

しかし、正直言って会社を新卒で辞めたあなたよりやばいやつは、この世の中にいっぱいいます

そのため、入社間もないうちに会社を辞めた自分はダメだって考えるんじゃなくて、辞めたものの大卒で就活をしてちゃんと企業に入れた経験がある人なんだって思うようにしましょう

1年目2年目で会社を退職したらなおさら詰む?

なお、ネットで新卒1年目とか2年目で早期離職したら余計に詰むと言われていることがあります。

しかし、僕が実際に10ヶ月で退職した経験から言うと、逆に遅い方が人生詰むと感じました

新卒1,2年目であればまだ未経験で採用してくれるところはたくさんありますが、5年目とかだと年齢的に中途半端すぎて未経験でも雇ってもらえないし、経験者としても雇ってもらえないからです。

例えば食品系からIT系に行きたいなど、異業種への転職を考えているならなおさら早い方が良いと考えます。

同じ業界の転職はその業界歴が長い方が有利ですが、異業種への転職の場合は若い方が有利だからです。

上記のことから、違う業界へ行きたいと考えているなら、3年我慢とかしていると逆に詰みますよ(笑)

今すぐ行動しましょう。

辞めなかったらよかったと後悔することはある?

会社を辞めてから2年くらいが経ちました。

正直言って以前働いていた会社は大企業でしたから、給料はめちゃくちゃよかったです。

ボーナスも年間で100万円くらいあったので、続けていたら25歳にしてはお金持っていただろうなぁとは思います。

でも、全くもって後悔していません

やりたい仕事ができているし、副業できているし、自分の時間を確保することもできているからです。

大企業を辞めた時はそれこそ人生終わったわ・・・くらい思っていましたが、今ではあの時決断していてマジでよかったって思っています。

逆に決断していなければ今も我慢しながら働いていたと思うので、そっちの方が後悔していたと思います。

令和の時代は早期離職者に優しい時代

かつては、新卒数年で退職をしたら人生終わっていた時代もありました。しかし、ここ数年の間にそんな時代は終わりました

なぜなら第二新卒に特化した転職サービスが続々と増えているからです。

第二新卒とは入社後数年以内に転職しようと思っている層のことを言うのですが、そんな人向けのサービスが増えたことで、若いなら余裕で転職できるようになりました

例えば、新卒数年で転職しようと思うと職歴もスキルもなくて書類審査で落とされてしまうことも多々あります。

しかし、第二新卒に特化した転職サービスでは、書類審査免除や推薦状を書いてくれたりするので、職歴の短さとかで落ちることはなくなります。

つまりあなたは面接に進むことができるので、あなた自身の中身や、やる気で勝負することができるようになるのです。

そんな転職サービスが増えているのに、新卒で入社した会社を辞めたら人生終わるはずがありません

そのため、新卒で入った会社を辞めて人生終わると思っていた人は、令和の時代においてはもうそんなことあり得ませんから、逆に退職を決断して人生をより良くしてくださいね。

なお、第二新卒に特化した転職エージェントは以下の記事でまとめているので、気になる方はご覧ください。

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。

【手順解説あり】実際に新卒10ヶ月で転職した僕がおすすめする第二新卒向け転職エージェント&転職サイト(高卒・フリーターも対応)