新卒で今すぐ退職したい場合バックレましょう。ただしこういうリスクがある【退職代行ならOK】

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅ(@kawaaanchu)です。僕は新卒で入った会社を10ヶ月で辞めて第二新卒転職しました。この記事は、その実体験をもとに執筆しています。

新卒で今すぐ会社を退職したい。

もう1秒も会社に出勤したくないんだけど辞めたい。

バックレちゃってもいいかな・・・って思っていませんか??

結論として、会社をバックレて辞めても僕は良いと思っています

あなたの親や友人などは、バックレるのはやめておけって言うかもしれません。

しかし、実際にバックレて辞めている人はあなたの思っている10倍以上いるので、意外とバックレは珍しくないんですよ。

ただしバックレることにはいくつかのリスクがあります。それを理解した上でバックレましょう

なお、現代にはお金を払えばリスクを減らしてバックレることができるサービスがあります

それは退職代行です。これを使えば今日明日からバックレることができるのに、リスクをほぼ0にすることができるのです。

お金はかかりますが、単純にバックレるよりかは安全なので、「本当に出勤無理ぃぃぃ」ってなっているなら利用を進めます。

会社をバックレることはそんなに珍しいことじゃない

会社をバックレるという行為は、実はあなたが思っているほど珍しいことではありません。

僕は新卒で入った会社を10ヶ月ほどしかいませんでしたが、そんな短期間でもバックレて辞める人は2人くらいいましたし。

なので、あなたが会社を今すぐにでもバックレたいという思いは別におかしいことでもありませんし、僕もどちらかというとそっち側の人間です。

また、バックレないにしても、ある日突然出勤してこなかった人がいて、実家に帰っていたみたいな人もいました。(僕の職場がおかしかったの?w)

その人は辞めるつもりはなかったようですが、出勤するのが嫌で気付いたら実家に向かう電車に乗っていたそうです(笑)

こんな感じで、バックレる人というのは一定数いて、あなたが今すぐにでも会社を辞めたいと思うことは正常なことだということは知っておきましょう

会社をバックレることによるリスク

とはいえ、会社をバックレるということは、できるだけ避けた方が良いのが現実です。

なぜなら、今後の人生を左右してしまうかもしれないリスクがあるからです。

具体的には以下の2つのリスクが挙げられます。

  • 懲戒解雇になってしまう恐れ
  • 親に連絡が行く

懲戒解雇扱いになってしまう恐れ

バックレることによって普通の退職という扱いではなく、懲戒解雇という扱いにされてしまうことがあります。

これが1番やばいです。

もしこの懲戒解雇になってしまうと、次の就職先が決まらない可能性があります

正直言って、新卒1年未満で辞めても転職することは余裕で可能です。(僕もそうなので)

しかし懲戒解雇された経歴が残っていると、「かつてやばいことをしでかしたやつ」と思われてしまい、転職できなくなります

また、懲戒解雇を隠して面接に挑んでたとえ受かったとしても、あとでばれたら訴えられる可能性もあります。

この一生ついて回る懲戒解雇というお荷物は絶対に背負うべきではありません。

このリスクがあるため、バックレるのを辞めた方がいいと言っても過言ではないのです。

親に連絡が行く

また、親に隠れて会社をバックレようとしていた人は、多分無理だと思います。

もしあなたが急に出勤をしてこなかったらまずはあなたの携帯に電話をかけ、出なかったら次に電話をかけるのは緊急連絡先だからです。

入社時におそらく緊急連絡先というのを登録しており、その番号(ほとんどの場合で親)に連絡が行きます。

親に知られても良いならこのリスクは無視しても大丈夫ですが、バックレようとしている人は親には黙ろうと思っていたはず。

おそらく隠し通すことは無理な可能性が非常に高いので、親バレがリスクだと感じる場合はバックレるのはやめておいた方がいいかもしれません

給料の支払いはバックレてもしてもらえます

ちなみに、給料に関してはバックレても支払ってもらえる場合がほとんどです。

あくまでもバックレる前日までは働いていたので、そこまでの賃金はきちんと支払わないと違法になるからです。

また、次の転職先に必要な離職票や源泉徴収票なんかも、基本的には送付してもらえることになっています。

ですので、意外とバックレても対応はしてくれるんですよ(笑)

どうしても会社をバックれたいなら退職代行を使おう

会社をバックレても意外と対応してくれますが、懲戒解雇になってしまうリスクはどうしても避けなければなりません

ですので、バックレることはやはりやめておいた方がいいでしょう。

しかし

  • どうしても出勤したくない
  • もう二度と会社に関わりたくない
  • 我慢の限界だ

っていう人もいると思います。

そんな場合は退職代行サービスを使いましょう

退職代行サービスを使えば、お金はかかってしまうものの懲戒解雇のリスクなしで退職することができます

つまりほぼリスク0でバックレることが可能なのです。

今すぐにでも辞めたいと思えることは実はすごいこと

この記事ではバックレること自体は賛成だけど、リスクがあるので、もしバックレるなら退職代行サービスを利用して退職した方がいいということをお伝えしました。

ちなみに、会社を今すぐに辞めたいと考えているあなたは、すごいということを認識すべきです。

世の中には会社を辞めたいと感じていても、行動に起こすことができず10年間我慢して働き続けている方も多いです。

そんな中バックレてでも会社を退職しようって思っているあなたは、ものすごく行動力があると思います。

本来転職というのは、経験とかよりも若さが1番有利な武器です。

この武器は1年後に公使するよりも、明日にでも公使した方が有利なので、今すぐ退職するという行為は理にかなっているんですよ。

今すぐに会社を辞めようと思える行動力は、きっと数年後に利になって帰ってくることでしょう。

そのため、本当はきちんと退職届をだして手続きを踏んだ方がいいですが、どうしてもバックレたい、今すぐにでも退職したいというなら退職代行を使ってくださいね。

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。

【スキル・経験なしでもOK】実際に新卒10ヶ月で転職した僕がおすすめする第二新卒・既卒向け転職エージェント&転職サイト8選