挫折しないために事前に知っておきたいプログラミングスクール受講の心得

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅです。実際にプログラミングスクールを受講して転職し、収入を上げることができました。しかしその道中、挫折仕掛けたことも多かったです。この記事ではそんな経験をもとに執筆しています。

プログラミングスクールを受講して、エンジニア転職しようと思っている。

しかし、

  • プログラミングスクールを受講して挫折する人が多いらしい
  • なぜ挫折する人が多いの?
  • 自分は挫折したくないので、なにか取れる対策はある?

ということが気になってはいませんでしょうか?

そこでこの記事では実際にプログラミングスクール受講した僕が、多くの人が挫折する理由とそうなってしまわないための心得をお伝えします

具体的には以下の4つです。

挫折する理由とそうなってしまわないための心得
  1. 思っているよりもプログラミングが難しかった
    事前にプログラミングとはどういうものか知っておく
  2. 受講途中で卒業してもかなりスキルがついた状態じゃないと気づく
    どのスクールもそれは同じだと知る
  3. 忙しくて学習時間が取れなかった
    働きながらスクールを受講する上でのコツを知る
  4. プログラミング自体がおもしろくない
    事前に少し体験しておく

おすすめのプログラミングスクールは2社!【それ以外はどこも同じ】

挫折しないために事前に知っておきたい4つのこと

プログラミングスクールを受講しようと思っているものの、挫折者が多いと言う情報を知り受講を躊躇してはいませんでしょうか??

実際にプログラミングスクールを受講した感想として、確かにスクール受講には挫折者が出やすい要素があるなぁと感じます

しかしそれと同時に、挫折者の多くは事前に思い描いていたものとのギャップで挫折しているなぁ、とも感じました

そこでここからはスクールを受講した僕だからこそ言える、実際に感じた挫折しやすい要素と、それを防ぐ事前に知っておいて欲しい心得をお伝えします。

思っているよりもプログラミングが難しかった

おそらく挫折している人の多くは、この理由だと思います。

プログラミングスクールでは

  • プログラミングは完全未経験でも大丈夫
  • 未経験でも大手に転職できる
  • 転職できなかったら全額返金するくらい自信があります
  • 数学が苦手でもOK

よくこんなことが言われているので、なんとなく簡単なのかな?ってイメージを持たれやすいです。

もちろん上記の謳い文句は、決して嘘ではありません。

しかし勘違いしてはいけないのは、楽ではないということです。

楽にプログラミングを取得できる・転職できると思っていると、いざ学び出すとその難しさに絶望し挫折してしまうのです。

心得:事前にプログラミングとはどういうものか知っておく

なので、事前にある程度難しさを知っておくことをおすすめします

そうすれば挫折しにくくなるからです。

難しさを知るためにおすすめなのがテックアカデミーの無料体験です。

テックアカデミーの無料体験では数値計算や条件分岐など、ちょっと難しい内容まで取り扱うからです。

ですからここで一度プログラミングに触れてみて、プログラミングの難しさを感じておきましょう

ちなみにテックアカデミーの無料体験を受けたからといって、絶対にテックアカデミーを受けないといけないということはありません。

無料体験で終わっても全然大丈夫です。

>>テックアカデミー無料体験の詳細はこちら

受講途中で卒業してもかなりスキルがついた状態じゃないと気づく

受講途中で卒業してもかなりスキルがついた状態じゃないと気づき、やる気が失せて挫折するというパターンがあります

これは実際に僕が受講した時に陥りそうになった挫折ですね(笑)

スクールを受講すればせめて下の上くらいにはなれると思っているかもしれませんが、現実はそうではありません。

実際は範囲外から下の下になれたというくらいのレベルにしかなれません。

ですのであまりにもプログラミングスクールを過信している場合、このギャップで萎えて挫折してしまう可能性があります

もちろんそのレベルでも転職をすることはできるのですが、

  • 即戦力レベルになれる!
  • あわよくばフリーランスになれる?

って思っていると挫折します。

心得:どのスクールもそれは同じだと知る

プログラミングスクールを受講しても下の下くらいのスキルしか身につかないのは、どこのスクールを受講しても同じです。

たとえ以下のような有名なスクールであったとしてもです。

なので「自分が受講したスクールのレベルが低い!」と怒るのではなく、そもそもスクールで学べる知識には限りがあるということを知っておくことが挫折を防ぐカギです。

そもそもプログラミングスクールというのは、プログラミングスキルを0から1へ移行するのを手助けする場所です。

1から10への移行は、転職先の企業でさらに学んだり経験したりして増やしていきます。

ですから、どのスクールもそんなもんなんだと知っておくことが挫折しないための心得です。

過度に期待をしてはいけません。

おすすめのプログラミングスクールは2社!【それ以外はどこも同じ】

忙しくて学習時間が取れなかった

プログラミングスクールを仕事を辞めずに受講する場合、忙しくて学習時間が取れないことにより挫折する人が多いです。

挫折というか、自然消滅といった感じでしょうか。

  • 仕事終わりにやろうと思っていたけど残業で疲れ果てたので明日やろう
  • 飲み会が入ってしまったので土日にまとめてやろう
  • せっかくの土日だからまずは映画でも見よう

こんなことをしてしまい、気付いたらスクールに通っていなかった・・・なんてことがあり得るわけですね。

心得:働きながらスクールを受講する上でのコツを知る

プログラミング学習は、1時間・・・いや30分でもいいですから、毎日少しづつやることをおすすめします

土日にまとめて勉強をしたりすると、前回学んだことを思い出すためだけに数時間かかってしまうからです。

また、仕事中にパソコンをいじるときもサイトのプログラミングを意識するなどの方法も、働きながら受講するコツです。

詳しくは以下の記事で解説しているので、よければ参考にしてみてください。

【定時20時の僕でもいけた】働きながらプログラミングを学びたい人におすすめのスクール&コツ紹介

プログラミング自体がおもしろくない

最後に、プログラミング自体がおもしろくないことに受講途中に感じて挫折するパターンです。

正直に言って、プログラミングには適性があります

それは理系文系の話ではなく、人間的に向いていない人というのが一定数いるのです。

そして自分が苦手かどうかというのは、実際にやってみなければ気づかないことが多く、

やってみて向いていなかった

向いてないのでつまらなく感じる

挫折

というルートを辿ることになるのです。

お金を払ってしまってから気づくのは非常にもったいないことではありますが、百聞は一見に如かず。これだけはやってみないとわかりません・・・。

心得:事前に少し体験しておく

自分がプログラミングをおもしろいと感じる人間かそうでないのかは、実際にやってみなければわかりません

ですがお金を払わなくても、ある程度プログラミングに触れる方法はあります

それは先ほども紹介したテックアカデミーの無料体験です。

これなら無料でプログラミングを学べるので、実際に触れてみて面白いと思うか判断することができます。

先ほどもお伝えしましたが、テックアカデミーの無料体験を受けたからと言って有料コースへ絶対に進まなければいけないわけではありません。

気軽に無料体験してみてくださいね。

>>テックアカデミー無料体験の詳細はこちら

まとめ

この記事ではプログラミングスクールを受講して挫折する人が多いことから、挫折する理由とそうなってしまわないための心得をお伝えしました。

まとめると以下の通りです。

挫折する理由と、そうなってしまわないための心得
  1. 思っているよりもプログラミングが難しかった
    事前にプログラミングとはどういうものか知っておく
  2. 受講途中で卒業してもかなりスキルがついた状態じゃないと気づく
    どのスクールもそれは同じだと知る
  3. 忙しくて学習時間が取れなかった
    働きながらスクールを受講する上でのコツを知る
  4. プログラミング自体がおもしろくない
    事前に少し体験しておく

①番と④番に関してはテックアカデミー無料体験を使えば、ある程度自分が挫折しやすいかどうか試せます

大金を払った後に楽しくないことに気付いてもお金は帰ってこないですからね。

無料で引き返せるうちに試しておきましょう

>>テックアカデミー無料体験の詳細はこちら

おすすめのプログラミングスクールは2社!【それ以外はどこも同じ】

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。