【中の人に聞いた】カモにされないために知っておきたいプログラミングスクールの実態

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅです。実際にプログラミングスクールを受講して年収を上げました。この記事ではその経験にもとづいて執筆しています。

プログラミングスクールに通おうと思っているんだけど

  • スクールに通うことって情弱なの?
  • 実態はカモにされているだけなの?
  • 受講は辞めとけ!闇だ!みたいな記事があるけどスクールに通うべき?

こんな感じで迷ってはいませんでしょうか?

そこでこの記事では、僕の知り合いのプログラミングスクールの立ち上げメンバーから聞いた情報をもとに、実態について解説していきたいと思います。

自分自身もプログラミングスクールを受講した経験があるので、その実体験から感じたことなんかも踏まえながらお伝えしていきますよ。

プログラミングスクールは受講する価値はあるの?

プログラミングスクールは情弱相手にビジネスをしていて、受講したら結局はカモにされてしまうのでは?と疑問に感じている方も多いかもしれません。

また、プログラミングスクールの受講は辞めとけ!みたいな記事を見て、受講を迷ってはいませんか?

結論として、エンジニア転職をしたいならプログラミングスクールを受講する価値はあります

もちろん数十万円と言う費用を取られてしまうことにはなりますよ。

しかし、実際にエンジニア転職することはほぼ確実にできますし、それ相応のスキルを身につけることは可能だからです。

確かに独学でプログラミングを学んでも、転職ができるレベルまで持っていくことができます。

ただ、独学なら1年くらいはかかるのに対して、スクールに通えば3ヶ月で転職まで漕ぎ着けることができます。

そのため、できるだけ早くエンジニアとして転職したいのであれば、プログラミングスクールにお金を払う価値は大いにあるのです。

特に、時間をお金で買うという点に価値があります

プログラミングスクールの実態を知って受講すればカモにされない

プログラミングスクールを運営している以上、利益を追求する会社ですから1番儲かるような道へ受講生を導きます。

そのため、受講する価値はあるものの、何も知らずに受講してしまうとスクールの思う壺にはまるのです。

しかしスクールの実態を知っておけば、カモにされる道を意図して避けれるようになります

そこでここからは、プログラミングスクールの実態を紹介していきます。

人材紹介をして儲けているスクールの実態

スクールの卒業生を提携している企業に転職希望の人材として紹介し、内定したらその企業から紹介料をもらう形で儲けているパターンのスクールです。

無料のプログラミングスクールなどがこれにあたります。

これらのスクールは、どこかの会社に転職が決まればお金が入ってくるため、意地でも受講生を転職させようとします

転職したい人からすると一見良いように見えますが、このような実態を持つスクールは、ブラック企業でもなんでもいいから内定が決まりやすい企業ばかり紹介してきます。

そのため転職はできますが、働く環境が悪すぎて離職率は非常に高いのです。

しかしスクールからしたら、転職してしまえばあとは知らんぷり。つまりカモにされたわけです。

そのためこのようなスクールにカモにされないためには、紹介してくる企業が本当に自分の行きたい会社なのかじっくり考えることが大切です。

よくわからないけど会社を紹介されて、受かったから転職じゃぁ!って思っているようでは、カモにされてしまいますよ。

ただ単にスクール費用で儲けているスクールの実態

お客さんにスクール費用を払ってもらって、受講後も特に転職先紹介などが行われないパターンのスクールです。

このスクールの実態は、スクール費用を貰うことで利益を得ています。

このようなパターンのスクールが1番カモとしてみている客は、”勢いでプログラミングを勉強しようと思っている人”です。

「プログラミングを学べば食いっぱぐれないらしい、だからよく知らないけど受講して年収あげよ」って考えている人をYouTube広告などで誘い、受講してもらうことが狙いですね。

そのため、なんとなくプログラミングが良いんでしょ?的な人は一歩立ち止まって考えることがカモにならない方法です。

なお、あなたが本当にこれからプログラミングを学んでエンジニアになるんだって決心しているなら問題はありません。

おそらくこの記事を読んでいるということは結構慎重な人なので、そこら辺の判断はできていると思います。

スクール費用と人材紹介のハイブリッドなスクールの実態

スクールの料金もとりつつ人材紹介も行っている、上記2パターンのハイブリッドの実態を持つスクールです。

転職保証のスクールなどがこれにあたります。

このようなスクールでは、めちゃくちゃエンジニアになりたいわけではないけど、”転職保証”という言葉に食いついてくる人がカモなお客さんです。

無料のスクールと少し似ていますが、ブラック企業ではないちゃんと良い企業に転職できる点で異なります。

ただし良い企業とはいえ、自分がやりたいことがエンジニアではないことなら、数年後に転職することになります。

また、エンジニアがやりたかったとしても、良い企業だからと自分のやりたいことを押し殺して(アプリ開発がしたかったけど雰囲気が良かったからスクールにおすすめされたWebサイト制作会社を選んだなど)転職することも、後々やりたいことじゃない!ってなるので注意が必要です。

なのでこのような実態を持つスクールを受講する場合は、「本当にエンジニアになりたいか立ち止まる」「良い会社と迷ったら本当にやりたいことができる会社なのか考える」こういったことをすることがカモにならない方法です。

カモにされないスクールを1社紹介

プログラミングスクールには思惑があることをお伝えしましたが、ここでカモにされにくいスクールを1社紹介します。

それはテックアカデミーです。

なぜテックアカデミーがカモにされないスクールなのかと言うと、転職先をゴリ押ししてこないからです。

テックアカデミーは先ほど説明したところで言う「ただ単にスクール費用で儲けているスクール」です。

そのため、ブラック企業や自分が行きたくない企業をスクール側におすすめされて推しに負けて入社することになる事態、つまりカモになることがありません

転職保証はついてないスクールなので転職したい人は避けていたかもしれませんが、逆に言えば自分のペースで転職活動することができるのでカモにされないスクールなのです。

ちなみにプログラミングスクールを卒業したレベルの20代であれば転職保証なんか使わなくても余裕で転職できます

だから転職保証がないことがネックだと考えていた方も転職は絶対できますから、テックアカデミーを受講して自分のペースでカモにされないように転職活動してくださいね。

>>公式サイトでテックアカデミーの詳細を見る

なお、テックアカデミーはいろんなコースあってどれを受講すれば良いかわからないと言う方は、無料のキャリアカウンセリングで相談してみましょう

相談したからと言って無理に受講を強要されることはないので、安心して相談してくださいね。

>>無料キャリアカウンセリングの詳細を見る

まとめ:スクールの実態をあらかじめ知っていれば情弱ではない

  • プログラミングスクールは闇だ!
  • 実態はカモにしているだけだ!

みたいな記事はたくさんあります。

確かに何も知らずに受講して、スクールの方針に思考停止で赴くがまま導かれたら情弱ですよ。

しかしこの記事で紹介した実態を知っていれば、スクール側がおすすめしてきても「あ、こういう狙いがあるんだな」って分かってYes or Noの返事ができますよね。

つまりスクールのカモな策にYesと言う場合であっても、納得して首を縦に降っているわけですから、情弱とは言いません

たまたまあなたが望んでいることが、スクールのカモなお客さん層とかぶっているだけだからです。

プログラミングスクールの実態は〇〇だから受けないっていう方が、ネット記事に踊らされた情弱です。

なので、この記事で書いた実態を知り

  • 自分は時間を買えるという点に価値を感じて受講する
  • 自分は本当にエンジニアを目指したいから受講する
  • スクールから勧められても全てにYesとは言ってはいけないことを理解したから受講する

こういった納得の上での受講なのであれば、カモにされずにプログラミングスクールの美味しいところだけを受け取ることができますよ。

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。