【未経験OK】フリーターやニートでも就職できるプログラミングスクール3選!

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅです。僕は新卒で入った会社を10ヶ月で退職して、フリーターをやっていた期間があります。その後プログラミングスクールを受講して収入を増やしました。この記事は、その経験にもとづいて執筆しています。

現在フリーターもしくはニートなんだけど、

  • プログラミングスクールを受講すればニートやフリーターからでも就職できそう
  • エンジニア職なら自分のペースで仕事できそうだし興味ある
  • けど、どのスクールがおすすめなんだ?

と思ってはいませんでしょうか?

そこでこの記事では実際に元フリーターだった僕が、現在フリーターやニートの方におすすめできるプログラミングスクールを3つ紹介します

今回紹介するプログラミングスクールは全て就職保証付きです。

つまり、受講すればあなたの未来は「就職に成功するor就職できなかったら返金」この二択なので少なくとも無駄になることはありませんので安心してくださいね。

先にネタバレしておくと、おすすめのスクールは以下の3つです。

フリーターやニートでも就職できるプログラミングスクール

フリーターやニートでも就職できるプログラミングスクール3選

ではさっそくフリーターやニートでも就職できるプログラミングスクールを紹介していきます。

自分にあった企業をじっくり見つけたいならDMM WEBCAMP

まずおすすめするのは、DMM WEBCAMPです。

DMM英会話などで有名なあのDMMグループが運営しているスクールになります。

1番目に持ってきたということは、かなりおすすめできるスクールだということです。

このスクールの何が良いのかと言うと、キャリアサポートがかなり手厚いという点が挙げられます。

他のスクールでは、とりあえず就職させてしまえばお金を返さなくて済むと考えているところも多いため、無理に就職させられることが多くあります。

しかし、DMM WEBCAMPならヒアリングや自己分析に力を入れているので、あなたの強みを活かせる企業を親身になって考えてくれるのです。

さらには履歴書添削、面接対策を行ってくれたり、企業紹介もしてくれます。

しかも紹介してもらえる企業は、DMMグループならではの限定求人です。

DMMグループならではの限定求人例
  • エイチーム(ヴァルキリーコネクトなどアプリ開発)
  • Game8(ゲーム攻略サイトなどを運営)
  • CROOZ(SHOPLISTなどを運営)
  • HIS(旅行サービスなどを運営)
  • teamLab(空間演出×ITなど)
  • クラウドワークス(クラウドソーシングサイトを運営)

その他限定求人・非公開求人を含む300件以上

普通このような企業の紹介を受けることなんて、大企業の転職者でもなかなかないですよ。

なので僕は、このDMMのコネを手に入れることができるだけでも、受講する価値はあると思っています。

まとめると、自分に合った求人をじっくり選びたい人、しかも有名企業を含めて選びたい人はDMM WEBCAMPの受講がおすすめです。

料金通常コース:628,000円(税抜)
専門技術講座:828,000円 350,800円(税抜)
専門実践教育訓練給付金制度を利用する場合
入会金なし
期間通常コース:3ヶ月
専門技術講座:4ヶ月+3ヶ月のキャリアサポート
教室の場所東京・大阪・オンライン
就職支援保証あり
無料相談あり

>>公式サイトでDMM WEBCAMPの詳細を見る

手に職をつけたいならTECH CAMP(テックキャンプ)

続いて紹介するのは株式会社divが運営するTECH CAMP(テックキャンプ)です。

テックキャンプのおすすめポイントは、受講すれば手に職をつけることができる点です。

実は、ほとんどのプログラミングスクールは、ある程度知識を身につけてあとは将来性で雇ってもらうというスタンスのカリキュラムです。

しかし、テックキャンプは高い技術を身につければ、フリーターだろうがニートだろうがキャリアには困らないだろうというスタンスでカリキュラムが組まれています。

つまり就職できるどころか、企業で即戦力となるのでいきなり高い年収も狙えるし、将来的にフリーランスを目指せるレベルも狙えるのです。

その証拠にテックキャンプの転職成功率は99%だし、実力で以下のような企業に就職が決まった実績もあります。

テックキャンプ卒業生の実績
  • サイバーエージェント(ABEMA TVなどを運営)
  • マネーフォワード(家計簿アプリなどを運営)
  • U-NEXT(映画・ドラマ見放題サービスなどを運営)
  • GMO CLOUD(企業向けセキュリティシステムなどを運営)
  • LIFULL(不動産情報サイト LIFULL HOME’Sなどを運営)

ですので、手に職を身につけて今後食いっぱぐれない人生を送りたい人、将来フリーランスも視野に入れたい人はテックキャンプがおすすめです。

料金短期集中コース:648,000円(税抜)
夜間休日スタイル:848,000円(税抜)
入会金なし
期間短期集中コース:10週間
夜間休日スタイル:半年間
教室の場所東京・大阪・名古屋・福岡・オンライン
就職支援保証あり
無料相談あり

>>公式サイトでTECH CAMP(テックキャンプ)の詳細を見る

地方から就職を目指すならTechAcademy Pro(テックアカデミー)

最後に紹介するのはTech Academy(テックアカデミー)Proです。

こちらのスクールは完全オンラインで受講することが可能なので、全国どこにいても受講することができます

しかも受講後の一次面接をオンラインで受講させてくれたり二次面接以降もシェアハウスを紹介してくれたりと、地方在住の人にかなり手厚いです。

さらに校舎などを持たないことから経費が削減されており、受講料も就職保証がついたスクールの中ではトップクラスの安さです。

DMM WEBCAMPやテックキャンプは60万円超えだったのに対し、テックアカデミーは298,000円なので、かなり安いことがわかります。

なので、地方在住ではなくても費用を抑えたいならおすすめです。

以上のことから、地方に在住している人、値段を抑えて受講したい人はテックアカデミーがおすすめです。

料金298,000円(税抜)
入会金なし
期間12週間
教室の場所完全オンライン
就職支援保証あり
無料相談あり

>>公式サイトでTechAcademy(テックアカデミー) Proの詳細を見る

フリーター・ニートがプログラミングを学ぶメリット

実はフリーターやニートがプログラミングを学ぶメリットって、結構あるんですよ。

そこでこの記事では2つ紹介したいと思います。

具体的には以下の2つです。

  • エンジニアは自分のペースで仕事ができる
  • エンジニア業界はフリーター・ニートの経歴があまりマイナスポイントにならない

エンジニアは自分のペースで仕事ができる

エンジニアと言う仕事は、他の会社員と比べて、結構自由にやることができます。

例えば、

  • リモートワークで家で仕事できる
  • 残業が少ないから自分の時間が持てる
  • 無駄な飲み会も少ない
  • フレックスタイム制度だから早起きしなくても良い
  • スーツ着なくても良い

など。

僕もそうなのでわかるのですが、フリーターやニートを経験していることは、正直お金より自由さの方が大切じゃないすか(笑)

普通の会社員になってしまうと自由は完全に失われてしまいますが、エンジニア職ならまだ上記のような自由さがあるので、なんとかやっていけます。

なので、自分のペースで仕事ができる道を開けるプログラミングは、すごくメリットだと思います。

フリーター・ニートの方が採用で有利になる場合もある

  • 3年会社で働いて転職しようと思っているAさん
  • 5年ニートやっていたけど3ヶ月で即戦力レベルまでプログラミングができるようになったBさん

あなたが人事なら、どちらの人の話を聞きたいと思いますか?

おそらくBさんですよね。

だって5年もプー太郎やっていたのに、急にプログラミング学習したと思いきや3ヶ月で即戦力レベルって、どんなきっかけがあったんだ??って思いますよ(笑)

実はIT系の人は良い意味でドライな人が多いので、高学歴とか大手出身でなくても、面白い人は話を聞いてくれます。

なので、社会人の年齢なのにフリーターやニートですって言うと、実は面接官の印象付けしやすいんですよね。

ですから、今まではちょっと世間的にマイナスな人生だったけど、一念発起して頑張ったと言うことを伝えれば、普通に転職しようとしている会社員より採用されやすことだって十分あり得ます

フリーターやニートであることを隠す人も多いですが、僕は有利になると思っていますよ。

フリーター・ニートがプログラミングスクールを受講する場合の注意点

フリーター・ニートの人がプログラミングスクールを受講する場合には注意点もあります。

それは、

  • 就職保証は20代限定
  • 無料のプログラミングスクールはやめておこう

この2つです。

就職保証は20代限定

この記事では就職できなかったらスクール料金を全額返金するスクールを紹介しましたが、これが適用されるのは20代の人だけです。(テックアカデミーは32歳まで)

30歳以上の人でも受講することはできますが、就職できなかったとしても返金されませんのでご注意ください。

しかし、先ほども少し述べたように、IT業界は良い意味でドライです。

プログラミングのスキルをしっかりと身につければ、30代だろうと40代だろうと採用はされると思います

ちなみに1番実力がつくスクールはテックキャンプです。

>>公式サイトでTECH CAMP(テックキャンプ)の詳細を見る

無料のプログラミングスクールはやめておこう

実はプログラミングスクールには、無料で受講できるところがあります。

しかし僕は無料のプログラミングスクールはおすすめしません。

無料のプログラミングスクールが用意している転職先は、労働環境が悪い企業であることがほとんどだからです。

SESと呼ばれる客先常駐をさせられ(いわゆる派遣です)、長時間労働当たり前、下請け労働をさせられる求人ばっかなんです。

言い方が悪いですが、宿を用意するから働いてくれない?ってホームレスに危ない仕事をさせるやつに似ています。

美味しい話には罠があるので、気を付けてくださいね。

ただ、どうしてもお金がないんだ・・・という方は、ウズウズカレッジというところをおすすめします

ウズウズの紹介する求人はブラック企業を排除しているので、無料のスクールとはいえまだマシなところを紹介してもらえるはずです。

>>公式サイトでウズウズカレッジの詳細を見る

就職保証のプログラミングスクールが1年後にはないかもしれない

エンジニアと言う仕事は比較的自由に働けるし、給料も高いし、将来性もあります。

それなのに2020年は人手が足りないということで、プログラミングスクールを受講すれば就職保証がついて就職できちゃうんです。

しかし、人手が足りてくるようになれば未経験のエンジニアは今ほど要らなくなるので、プログラミングスクールを受講してエンジニアになれる時代は終わります

現に1~3年前くらいであれば、プログラミングスクールを受講しなくてもちょっとでもスキルがあれば採用される時代もありました。

そう考えると今から1~3年後にはもっとハードルが上がっていることは明らかなので、ちょっとでもエンジニア職に興味があるなら今がチャンスですよ。

転職保証のスクールがまだ残っているうちに、プログラミングスクールを受講してエンジニア職を手に入れてくださいね。

フリーターやニートでも就職できるプログラミングスクール

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。