Fラン大学生でも東証一部上場の大手企業に就職できた人生逆転就活法を公開します【1~3年生くらいからこれをやっとくと強い】

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅ(@kawaaanchu)です。僕はFランク大学に通っていましたが、新卒で東証一部上場の大手企業に入社することができました。この記事はその実体験をもとに執筆しています。

現在Fランク大学に通っており、就職活動が控えているんだけど

  • まともな就職先はあるのだろうか
  • 学歴フィルターに絶望
  • すでに説明会やインターンなどが始まっており、高学歴大学生の多さに絶望

こんな感じで、とりあえず絶望していませんでしょうか?

実は僕も関西のFラン大学卒でして、企業説明会で左に神戸大学、右に関西学院大学の人が座っていた時は絶望しました。(泣)

けど僕はそんな絶望を乗り越えて、東証一部上場の大手企業に就職することができました。

そこでこの記事では、Fラン大学生(しかもコミュ障)の僕が東証一部上場の大手企業に入社することができた就活のやり方を公開したいと思います。

この方法通りにやれば、普通に高学歴な人たちよりも有利に就活を進めることができますよ

Fランコミュ障大学生でも大手に就職できた人生逆転就活法

ではさっそく、Fランコミュ障大学生でも大手に就職できた方法を公開したいと思います。

それは以下の3ステップです。

  1. ITスキルが学べるスクールを受講する
  2. そのスキルを使って自分で何か作ってみる
  3. 履歴書や面接時に作ったものをアピールする

僕はこの3つのステップを行ったことで、大手企業であっても有利に就職活動をすることができました

ではそれぞれのステップについて解説していきますね。

ステップ①:ITスキルが学べるスクールを受講する

いきなりお金がかかって申し訳ないのですが、ITスキルが学べるスクールを受講してください

なぜITスキルなのかと言うと、企業の面接官に高学歴の人よりもすごいって思われるまでに一番時間がかからないスキルだからです。

例えば高学歴の学生を超えるためにTOEIC700点を目指す場合、勉強時間は最低でも半年以上は必要でしょう。

一方プログラミングスキルを身に着ける場合、最短4週間でスキルを身につけることができます。

しかも学生でプログラミングができる人は少ないため、TOEIC700点よりも面接官の評価が高いのです。

つまりITスキルというのは、4週間しか勉強していないのに半年以上かかるTOEICや簿記などよりも評価されるかなりコスパの良いスキルなのです。

以上のことから、Fラン大学生は就活に向けてまずITスキルが学べるスクールを受講して、ITスキルを身につけましょう。

なお、大学受験失敗を挽回するためには、ITスキルを身につけることは必須です。

なので厳しいことを言いますが、ここにお金をかけれないのなら高学歴の人より有利になることは不可能でしょう。

Fラン大学生におすすめの就活で有利になるITスキル

就活で有利になるおすすめのITスキルは以下の4つです。

これら4つのうちであれば、どれを選んでも就活で有利になれます。

なので自分が興味を持ったもの、向いてそうなものという基準で選んでもらって大丈夫です。

なお、ITスクールのおすすめはテックアカデミーです。

他のスクールは転職する人向けにカリキュラムが作られているので、就活には向きません。

ステップ②:そのスキルを使って自分で何か作ってみる

次に、ITスクールで身につけたスキルを使って、なにか自分で作品を作ってみましょう。

  • プログラミングを学んだ人
    →Webアプリを自分で作ってGoogle上に公開
  • Webデザインを学んだ人
    →自分でデザインしたWebサイトをGoogle上に公開
  • Webマーケティングを学んだ人
    →1,000円とか低予算でいいからTwitterなどの広告を実際に運用してみる
  • 動画編集を学んだ人
    →自分で編集した動画をYouTubeに上げる

といった感じです。

この記事を読んでいる今はなんのことやら全然わからないと思いますが、スクールを受講した後はこの文の意味が絶対にわかるので安心してください

ちなみにテックアカデミーであれば、学んだスキルを使って自分で何か作るところまでフォローしてくれますよ

>>公式サイトでテックアカデミーの詳細を見る

ステップ③:履歴書や面接時に作ったものをアピールする

そして最後に、ステップ②で作ったものを履歴書や面接時にアピールしましょう。

以下、順に具体例を紹介します。

プログラミングを学んだ人

履歴書に自分が作った作品が載っているサイトを見てもらえるよう、URLを記入しておきましょう。

そして面接等で

「私はプログラミングができますので、御社で新たなWebサービスを立ち上げる際はお役に立てると思います。」

などを言うことができれば、高学歴の人よりも優位に立つことができますよ。

>>【テックアカデミー】Webアプリケーションコース

Webデザインを学んだ人

履歴書に自分がデザインしたサイトなどを見てもらえるようにURLを記入しておきましょう。

そして面接等で

「私はWebデザインスキルを持ち合わせているので、新しい商品やサービスがリリースされる際の公式サイトや、ロゴなどのデザイン作成時にはお役に立てます。」

などを言えばかなり目立つことができますよ。

>>【テックアカデミー】Webデザインコース

Webマーケティングを学んだ人

Webマーケティングだけ少し特殊ですが、広告を運用する知識があるということを履歴書等に記載しておきましょう。

実際に広告を運用してみた証拠があるとより有利です。

そして「Webマーケティングのスキルがあるので、御社の商品をWeb広告を使うことで今より売り上げをアップさせれます。」

ということが言えたら、企業の人事からしたらFラン学生だろうがなんだろうが欲しい!ってなります。

>>【テックアカデミー】Webマーケティングコース

動画編集を学んだ人

履歴書に自分が編集したものが見れるYouTubeのURLなどを載せておきましょう。

そして面接等で

「私は動画編集スキルを持っているので、商品やサービスの紹介動画を作る際にはお役に立つことができます。」

ということが言えれば、5G時代に備えてこの人を採用したい!ってなることは明白です。

>>【テックアカデミー】動画編集コース

ここ数年スキル保有者を優先する採用に変化している

ちなみに2,3年前あたりから、企業は高学歴な人よりもスキルを持っている人を採用する傾向が強くなっています

終身雇用が崩壊した時代において、将来的にスキルが伸びる人よりも採用時にある程度スキルを持っている人を雇いたいからです。

しかし高学歴な人は今も高学歴だから大丈夫という幻想を抱いて、簿記3級とかTOEIC550点くらいあればいけるっしょ?って感じで余裕ぶっこいてます。

一方Fランの人は高学歴になんとか対抗したいという必死さがあるので、今回紹介した方法などを使って必死に努力してスキルをちゃんと身に付けれるはずです。

となると就活時にスキルを持ち合わせているのは、ハングリー精神のあるFラン大学生ですよね。

Fランでも逆転できる時代

確かに今までは努力してスキルを持ち合わせていても、高学歴な人には勝てない残酷さがありました。

しかし現在は終身雇用の崩壊やジョブ型雇用の採用により、高学歴な人よりもスキルを持っている人が採用される時代です。

つまり今の世の中においては、高学歴という中途半端に強い武器を持った人よりも、必死に勝とうと思える泥臭いFラン大学生が就活を制するのです。

まとめ:学歴の差を埋めれる最短の逆転方法

この記事では、東証一部上場の大手企業に就職できた就活法を紹介しました。

  1. ITスキルが学べるスクールを受講する
  2. そのスキルを使って自分で何か作ってみる
  3. 履歴書や面接時に作ったものをアピールする

こちらの方法です。

正直に言って、これ以外にもFラン大学生が東証一部上場の大手企業に就職する方法はあると思います。

しかしそれらは例えば海外留学に行くことであったり、企業して経営者になってみるだったりと、かなり時間を要します

おそらくこの記事を読んでいるということは、そんなことをしている場合の方ではないはず。

だったらこの記事で紹介した方法を実践しましょう

4週間で高学歴の人と並べるので、ありとあらゆる方法の中でも一番最短の方法だからです。

就活は一生を左右します。

この方法を実践して、あなたが納得のいく人生を送れるようになることを願っています。

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。