お客様と私が神様です。~日本と海外の接客を見て思うこと~

・お客様の言うことは絶対!!

・どんなご要望にも応えるんだ!!

以前スーパーの正社員をしていた時に、よくこんなことを言われました。

もちろん、「お客様は神様」という姿勢は大事だと思います。

別に否定はしません。

けど、日本はやりすぎだと思っているんです。

海外の従業員の接客を見たことはありますか?

  • ・海外に行くと、スーパーのレジの人は座っている
  • ・飲料水などは、箱買いサイズのものが置かれていて、1本で欲しければ自分で開けるスタイル
  • ・ホテルのフロントマンは、接客していないときはスマホを見てるし、接客は鼻歌を歌いながら

これらは、全て自分の経験談です。もちろん、海外の全てがこんな感じではないと思いますが、少なくともこういう店は普通にあります。

さすがに、鼻歌を歌いながら接客するなんてことは、日本でやったらめちゃくちゃ怒られます(笑)けど僕は、これくらいの気持ちで接客してもいいのでは?と感じるのです。なんでもかんでもお客さんのことばかり気にしていたら、破産しますよ?

例えばですけど、安さを売りにしているお店は接客は適当でいいと思っています。接客にかける人件費があるのであれば、1商品でも安くするべきではありませんか?安さ売りにしている我が店では、接客は丁寧ではありません!っていう姿勢でいいのでは?接客の良さが欲しいお客は、高級なお店に行って、お金を払って良い接客を受けてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました