【画像45枚解説】他社サーバーからConoHa WINGへWordPress移行する手順を詳しく解説

かわんちゅ

こんにちは、かわんちゅ(@kawaaanchu)です。僕は先日、ブログ開設からずっと使っていた他社サーバーからConoHa WINGに切り替えました。この記事ではその時の操作画面を使って解説していきます。

国内1位の処理速度を誇っていたり、ブロガーにとってありがたい機能が備わっていることから、ConoHa WINGというサーバーに乗り換えようと思ってはいませんでしょうか。

しかし

  • サーバー移行ってなんだか難しそう
  • 時間がかかりそう
  • めんどくさそう

ということで、あとでやろうかなぁ・・・ってなってませんか??

そこでこの記事では、他社サーバーからConoHa WINGにWoredPressを移行する方法を画像たっぷりで解説していきます

なお、ConoHa WINGにはWordPressかんたん移行というものがあるので、すぐに終わりますよ

>>ConoHa WING公式サイトはこちら

他社サーバーからConoHa WINGへWordPress移行する手順

ではさっそく、他社サーバーからConoHa WINGへWordPress移行する手順を解説していきますね。

1.Conoha WINGに登録する

まずはConoHa WINGに登録する必要があります。

登録の手順は以下の通りです。

1-1.ConoHa WING公式サイトにアクセス

ConoHa WING公式サイトにアクセスをします。

1-2.「今すぐお申し込み」を選択します

1-3.メールアドレスとパスワードを入力して「次へ」を選択します

1-4.契約期間とプランを選択します

迷ったら「12ヶ月 ベーシック」がおすすめです。

詳しくは以下記事で解説しています。

【結論】ConoHa WINGの料金プランはベーシックが一番おすすめです

1-5.初期ドメインとサーバー名を入力します

初期ドメインもサーバー名もテキトーなものでOKです。

ここで決めた初期ドメインが、実際のサイトのドメインになるわけではないので安心してください。

1-6.「利用しない」を選択します

WoredPressかんたんセットアップは、移行ではなく新設する時に使うものとなります。

1-7.「次へ」を選択します

1-8.お客様情報を入力し「次へ」を選択します

1-9.電話番号を入力し、「SMS認証」を選択します

なお、電話認証でも問題ありません。

この記事ではSMS認証で解説しています。

1-10.スマホに届いた番号を入力して「送信」を選択します

1-11.クレジットカード情報を入力します

ConoHaチャージでも構いません。

この記事ではクレジットカードで解説しています。

1-12.「お申し込み」を選択します

1-13.「今は追加しない」を選択します

無料独自ドメインは後でも設定できます。

WordPress移行においては関係ないので、「今は追加しない」で一旦スキップします。

2.WordPressをConoHa WINGへ移行する

上記工程でConoHa WINGへの登録は終わりました。

ここからは実際に、WordPressをConoHa WINGへ移行する作業を行います。

難しそうですが、かんたん移行もありますし、画像解説もあるので頑張りましょう!

2-1.「サーバー管理」を選択します

2-2.「ドメイン」を選択します

2-3.「+ドメイン」を選択します

2-4.あなたのブログのドメインを入力します

僕の場合ですと「kawaaanchu.com」が入力するものになります。

2-5.「保存」を選択します

無料独自SSLは後ほど設定しますので、今は「利用しない」のままでOKです。

2-7.追加されたかどうか確認をしてください。

2-8.「サイト管理」を選択します

2-9.「+アプリケーション」を選択します

2-10.「かんたん移行」を選択します

2-11.赤丸のところをそれぞれ選択します

補足
  • アプリケーション
    →WordPressのままで
  • インストール方法
    →先ほどかんたん移行を選択したのでそのまま
  • テスト移行
    →「利用する」がおすすめです
  • バージョン
    →意図的にアップデートしていない人以外は「5.4.2」を選択します

自分のバージョンがわからないという場合は、ワードプレスにログインした時の左下を見れば記載されていますのでご確認ください。

2-12.赤丸のところの入力します

補足
  • 移行元URL
    →あなたのサイトのURLです。
  • アクセス制限ユーザー名
    →テスト移行で使うユーザー名となります。
  • アクセス制限パスワード
    →テスト移行で使うパスワードです。大文字と小文字と記号が混ざってないとエラーになることがあります。
  • 移行元ユーザー名
    →いつもWordPressにログインしている時のユーザー名です。
  • 移行元パスワード
    →いつもWordPressにログインする時のパスワードです。
  • データベース名
    →そのままで大丈夫です。
  • ユーザー名
    →そのままで大丈夫です。
  • パスワード
    →データベース用のパスワードを決めてください。大文字と小文字と記号が混じってないとエラーになることがあります。

2-13.「保存」を選択します

つまずきポイント

ここで「失敗しました。アプリケーションインストール。入力形式が不明です。」というエラーが出る場合、以下3つが間違っているorConoHa WINGのポリシーに引っかかっている可能性があります。

  • アクセス制限パスワード
    →大文字と小文字と記号がちゃんと入っていますか?短すぎるパスワードではありませんか?
  • 移行元ユーザー名
    →間違えていませんか?
  • 移行元パスワード
    →現在短いパスワードを使っている人は、合っていてもエラーになる可能性があります。複雑なパスワードに変えてからもう一度試してみましょう。

2-14.URLを選択します

2-15.ステータスが100%になるまで待ちます

2-16.「本番移行」を選択します

2-17.赤丸のところを入力します

補足
  • 移行先サイトURL
    →どちらでも構いませんが、ブログは「wwwなし」が主流です。wwwありは企業サイトなどに多いです。また、任意のURL入力欄は空白でOKです。
  • 移行先データベース
    →データベース・ユーザー名はそのままでOKです。パスワードは2-12で決めたやつです。

2-18.「保存」を選択します

2-19.稼働中になれば完了です

3.ネームサーバーの変更をする

先ほどの工程でWordPressをConoHa WINGへ移行することは完了しました。

でも今の状態だと、実はまだ移行できていません。

ネームサーバーの変更とやらをやらないといけないんです。

なお、ネームサーバーの変更方法は契約しているドメインを取得したサイトによって異なります。

  • お名前.com
  • ムームードメイン
  • スタードメイン

など様々なドメイン管理会社がありますが、このサイトでは「お名前.com」を例に解説していきます。

3-1.ドメイン管理会社にログインし、ドメイン設定のページを開く

この記事ではお名前.comを例に解説していきます。

3-2.「ドメイン機能一覧」を選択する

3-3.「ネームサーバーの変更」を選択する

他のドメイン管理会社を使っている場合も、ネームサーバーの変更というものがあるはずです。

3-4.「その他」を選択します

3-5.ネームサーバーに以下の文字列を入力します

ConoHa WINGのネームサーバー名
  • ネームサーバー①ns-a1.conoha.io
  • ネームサーバー②ns-a2.conoha.io
  • ネームサーバー③ns-a3.conoha.io

このネームサーバーは全員共通です。

コピペして使っても問題ありません。

3-6.「OK」を選択する

これでネームサーバーの変更が完了です。

それと同時に、他社サーバーからConoHa WINGへWordPress移行はこれで終了です。

お疲れ様でした!

4.仕上げにやっておくべきこと

先ほどの工程で、ConoHa WINGへの移行は完了しました。

ですが、最後に1つだけ仕上げにやっておくべきことがあります。

それはSSLの有効化という作業です。

今、あなたのサイトのURLを見てみると「http://○○○○○.com」となっており、”保護されていない通信”と書かれていると思います。

これを「https://○○○○○.com」の保護されている通信に切り替える、ということをします。

絶対にやらなければいけない作業ではありませんが、やったほうがサイトの評価は上がるのでついでにしておきましょう。

4-1.「サイト管理」を選択します

4-2.「無料独自SSL」を選択します

4-3.利用設定を「ON」にします

4-4.しばらく待ちます(10分から〜1時間くらいかかる時があります)

左下に「受け付けました」と出ていれば、ONになっています。

気長に待ちましょう。

他のページに行って違うことをしていても構いません。

4-5.ONの下が青くなったら、「サイト設定」を選択します

4-6.ドメインを選択します(testじゃない方)

4-7.「SSL有効化」を選択します

これで本当の本当に全ての工程が終了です!

お疲れ様でした!!!!!

注意:切り替え後1週間くらいは前のサーバーを解約しないようにしよう

先ほどの4-7でWordPressの移行作業は終わりですが、実際に移行反映されるまでは2.3日程度かかると言われています。

そのため、今まで使っていたサーバーをすぐに解約してしまうと、あなたのサイトが行き場を無くしてしまう恐れがあります

なので、切り替え後1週間くらいは前のサーバーを解約しないようにしましょう。

数日後にきちんとサーバーが移動したことを確認してから解約することをおすすめします。

サーバーが移行したかどうか確認する方法

SEOチェキというサイトにアクセスし、URLを入力してチェックしてみてください。(無料です)

そうすると、サーバー・ドメインってところにサーバー名が表示されます。

ここがconoha.ne.jpになっていたら、移行が完了している証拠です。

まとめ

この記事では、他社サーバーからConoHa WINGへWordPress移行する手順を詳しく解説しました。

かんたん移行とはいえ、やはりWordPressの移行は少しめんどくさかったですよね(笑)

ここまで本当にお疲れ様でした!

その代わりと言ってはなんですが、あなたのブログの速度は一段と速くなっているはずです。(2,3日は移行が終わってないため遅くなるかも)

サイト速度が速くなれば、 検索順位にも良い影響を及ぼします

サーバーに力を入れようって思えたあなたは、きっとブログも良い方向に向かうはずです。

>>ConoHa WING公式サイトはこちら

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。