【結論】今すぐ転職したいならテックキャンプ、時間があるならDMM WEBCAMPがおすすめ!

プログラミングスクールを受講しようと思っていて、TECH CAMP(テックキャンプ)かDMM WEBCAMPどっちが良いかなぁって迷ってはいませんか?

そこで、実際にプログラミングスクールを受講した僕が結論を言うと

結論

を選ぶことをおすすめします!

以下で理由を解説していきますね。

>>公式サイトでTECH CAMP(テックキャンプ)詳細を見る

>>公式サイトでDMM WEBCAMPの詳細を見る

TECH CAMP(テックキャンプ)とDMM WEBCAMPを比較してみる!

テックキャンプDMM WEBCAMP
料金短期集中スタイル:648,000円
夜間休日スタイル:848,000円
通常:628,000円
専門技術講座:828,000円350,800円
入会金0円0円
期間短期集中スタイル:10週間
夜間休日スタイル:半年
通常:3ヶ月+3ヶ月のキャリアサポート
専門技術講座:4ヶ月+3ヶ月のキャリアサポート
教室の場所東京・大阪・名古屋・福岡・オンライン東京・大阪・オンライン
利用可能時間10:00-22:0011:00-22:00
転職保証ありあり
無料相談ありあり
学べる言語HTML/CSS/JavaScript/Ruby/Rails
など
HTML/CSS/JavaScript/Ruby/Rails
など
年齢制限転職保証は20代限定転職保証は20代限定

詳しい説明が必要なこと、わかりにくいところを解説していきますね。

転職活動の考え方の違いについて

テックキャンプは10週間、つまり2ヶ月ちょいで転職まで持っていきます。

一方DMM WEBCAMPは3~7ヶ月かけてじっくり転職活動をします。

これはどういう事かというと、

テックキャンプはがちがちに学んで実力勝負で転職活動に挑む形をとり、DMM WEBCAMPは自分にあった企業を選びや面接対策を完璧にして転職活動を行うことに違いがあります。

なので

ということが言えます。

これはどっちかが良いとか悪いとかではなくて、あなたが置かれている状況によると思います。

カリキュラムの内容について

テックキャンプとDMM WEBCAMPでは、学ぶ内容や言語的に言うとどちらも同じことを学びます

HTML/CSS/JavaScriptという基本言語に加えて、RubyとRailsをというものを学習します。

ただし、先ほど転職活動を実力勝負で行くと言った通り、テックキャンプの方が結構深いところまで学びます

テックキャンプは600時間のカリキュラム、DMM WEBCAMPは約300時間分くらいのカリキュラムなので、その差は歴然ですね。

なので、しっかりとプログラミングスキルを身につけて入社後すぐ活躍したいと考えているなら、テックキャンプの方がおすすめと言えます。

DMM WEBCAMPは基礎だけ学び、深いことは転職した後に学ぶというイメージです。

DMM WEBCAMPの専門技術講座に注目

実はDMM WEBCAMPの専門技術講座は専門実践教育訓練給付金制度の対象となっています。

この制度はざっくりいうと、転職しようとしている人がスキルを取得するためにスクールに通うなら国が最大70%の補助金を出すよ〜というものです。

70%ということは最大560,000円も補助金が出ることになります

これはやばいですよね(笑)828,000円の講座が350,800円で受講できるわけですから。

ですので、この補助金の対象になるならば、できればDMM WEBCAMPを利用すべきでしょう。

自分が適用されるかどうかはDMM WEBCAMPの無料相談で質問してみると良いかと思いますが、

  • 受講開始までに通算2年以上の雇用保険に加入している
  • 在籍中、または離職後1年以内である

ならば適用される確率が高いです。

>>DMM WEBCAMPに無料相談してみる

オンラインの対応について(2020年5月更新)

新型コロナウイルスの影響で、テックキャンプもDMM WEBCAMPもリアル校舎のみだったのに、オンラインに対応しました。

どちらのスクールも通学する場合とオンラインで受講する場合で、少しずつ条件が変わってくるので注意が必要です。

以下の表でまとめています。

テックキャンプオンラインDMM WEBCAMPオンライン
料金10週間コース:648,000円8週間コース:518,000円(418,000円)
12週間コース:568,000円(468,000円)
16週間コース:618,000円(518,000円)
カッコ内の金額は転職サポートなしを選択した場合
入会金0円0円
学習目安600時間320時間
受講期間10週間8週間
12週間
16週間
質問時間平日10~22時
土日11~22時
13時~22時
転職サポート無制限1年間
転職保証ありなし

どちらも基本的には通学スタイルでやっていたことを、ビデオ通話などを利用してオンラインでできるようにしたものになります。

カリキュラム内容などは通学スタイルとほぼ同じです。

そう考えると、ちょっとDMM WEBCAMPの方がお得だと思います。

なお、質問はどちらのスクールもチャットではなく、ビデオ通話で質問できます。

文章ではなくビデオで質問できるので、細かいニュアンスが伝わりやすい特徴があります。

オンラインスクールって基本的にはチャットでの質問なところが多いのですが、この点はどちらのスクールも手厚いサービスを用意してきましたね。

最後に1つ注意点ですが、DMM WEBCAMPはオンラインになると転職保証がつかなくなります

まあ1年間の転職サポートもついているので転職はできると思いますが、不安な人はテックキャンプの方が良いかもです。

どちらを選ぶべきかまとめ

この記事では、テックキャンプとDMM WEBCAMPの料金などの基本情報と

  • 転職活動の考え方の違いについて
  • カリキュラムの内容について
  • DMM WEBCAMPの専門技術講座に注目
  • オンラインの対応について

これらについてを踏まえながら比較しました。

結論を言うと、両者とも結構似ているスクールではありましたが

結論

だと言うことが言えます!

どちらを受講しようか迷っていたあなたの参考になれば幸いです。

>>公式サイトでTECH CAMP(テックキャンプ)詳細を見る

>>公式サイトでDMM WEBCAMPの詳細を見る

【無料でキャリアのプロに相談しませんか?】

以下の第二新卒・既卒に特化した転職エージェントでは、実際に転職を考えている人はもちろん、相談だけしたいと考えている人も利用できます

・今の会社をそもそも辞める必要があるのか相談したい
・今の自分に引っかかる求人が知りたい
・自分に適性のある仕事は何か知りたい
・面接の練習をしたい
・プログラミングスクールに通うべきなのかな?

など、どんなささいな相談をしても構いませんよ!

しかもどれだけ使い倒しても料金が発生することはありません

また、利用したからと言って、絶対にそのエージェントを通して転職する必要もありません

ですので、少しでも興味があるなら気軽に相談してみてくださいね。

【スキル・経験なしでもOK】実際に新卒10ヶ月で転職した僕がおすすめする第二新卒・既卒向け転職エージェント&転職サイト8選